クラウド会計の導入は税理士法人クレサスにお任せ下さい!

クラウド会計とは、簡単にいうとインターネット上で会計処理を行うことです。
近年、MFクラウドやfreeeといったクラウド会計が非常に注目をされております。
税理士法人クレサスはMFクラウド公認パートナーおよびfreee認定アドバイザーです。

今までは、パソコンに会計ソフトをインストールしそのなかで作業を行っていました。
一方、「クラウド会計」は会計ソフトのインストールは不要で、
インターネット環境があれば、いつでもどこでも作業や確認を行うことが可能です。

クラウド会計の大きな特徴としては、銀行口座やクレジットカードのデータの自動取込です。
従来は、すべての取引を入力していたものが、自動で仕訳まで入力することが可能になり、
日々の業務効率が大きく改善されます。

税理士法人クレサスでは以下の会計ソフトを推奨しております。
cloud.png
弥生会計
MFクラウド
freee

クラウド会計の導入は
岡崎市・西三河の税理士
税理士法人クレサスにお任せ下さい!

クラウド会計のメリット

・いつでもどこでもできる
 インターネット環境さへあれば、どこからでも作業や確認が可能です。
 お忙しい社長もご自宅や外部からでもリアルタイムに損益の把握ができます。

・銀行口座等の取込ができる
 銀行取引が多いお客様、定型的な取引が多いお客様は自動取込によって
 帳簿の入力作業時間が大幅に減少します。

・デバイスを選ばない
 スマホやタブレットからもアクセスが可能です。
 また従来の会計ソフトでは使用できないことが多いMacでも利用が可能です。

・データ消失リスクが低い
 会計データはクラウド上にありますので、地震や火災などの災害時にも安心です。

クラウド会計のデメリット

・動作が遅い
 通信環境やデータ量にもよりますが、インターネット上での作業になりますので、
 手入力を行う場合など従来型の会計ソフトに比べて動作が遅くなります。
 
・セキュリティが不安
 金融機関やクレジット業者と同等のレベルでシステムを運用しており
 セキュリティ面では安心・安全な体制をとっていますが、IDとPASSさへあれば
 どなたでもアクセスが可能なため利用者側で管理体制を厳重にするなどの注意が必要です。

・会計以外のソフトが限定的
 近年、クラウド型の販売管理や在庫管理、給与計算など幅広くソフトがリリース・改良されていますが、
 従来型と比べると商品や機能面で見劣りする部分があり、その場合には別途連動性のないソフトが
 必要になります。

・クラウド会計に対応できない税理士事務所がある
 いくらクラウド会計を導入したいと思っても、まだまだクラウド会計を導入していない
 税理士事務所は多いです。顧問税理士がクラウド対応していなければ導入は困難です。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

対応地域
愛知県岡崎市 名古屋市 刈谷市 安城市 西尾市 知立市 高浜市 碧南市 豊田市 豊橋市 他愛知県全域 東海三県についても応相談
提携先募集
弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士等の士業様や保険代理店様、各種ネットワークを幅広く募集しております。
主に、岡崎市、刈谷市、安城市等の三河地方で、地域貢献をモットーとされている方はお気軽にお問合せください。

連絡先 お問合せフォーム